地味リーマンの風俗狂い日記


"2012大阪風俗旅行記" posts

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12
Category: 2012大阪風俗旅行記   Tags: ---

大阪風俗旅行記その6

信太山にやってきた。
かんなみでのおしっこ事件の教訓からここまで飲み物に一切口を付けていないが、流石に喉が渇いたのでお茶を一口。
だが、これ以上は口にしない。


信太山には“オキニ”旅館がある。
安定して高レベルの嬢を派遣してくれる個人的な穴場の旅館。
おしっこ事件の傷を癒すにはここしかない。


入館。
「おっとりしてて素朴な感じの子」と言うと、
「う~ん…」とちょっと引きつった顔をするババア。
まあ、「おっとりで素朴」は「ギャル」みたいにはっきりとせず曖昧な言葉だから、難しい顔したのも無理はないか。
「厳しいですか?」
「うん、なんとかする!」
ババアを信じ部屋に先導してもらう。


まずトイレに行っておく。
信太山駅のトイレにも行ったが念のため。
シャワーを浴びて待つ。
エロ本が置いてあったので、それを読んで臨戦態勢。
だが、中々来ない。
「終電間に合うかな…」
信太山に来たのは23時ちょっと前。
終電は23:49。
エロ本1冊読み終えて2冊目突入。
「このままだとまさかの裏信太だぞ…」


ガチャ


「おっ、きたきた」


「………」


「えっ?」


「おいおい…」


「ウソだろ!?」


「マジかよ!?」


「な、何でこんな子が…」


「こんな子が…」


「信太山にいるんだよ!!!???」


目を疑った。
そこには、飛田の青春通りにいてもおかしくない絶世の美女が立っていた。
ババア…いや、そんな言葉は失礼だ。
お婆様、いや、聖母様。。。
よくぞ、私の前にこんなにも美しい女性を送ってくださいました。
言葉で表現できないほど感激しております。
真に感謝しております。
貴女の選球眼はイチローを超え神の域に達しております。


「おっとりしてて素朴」という単語にも見事に当てはまる素晴らしい子だった。
今まで相手にした子は「明るくて関西弁を喋るさっぱりした」子ばかりだったが、この子は全然風俗慣れしてないウブなような子だった。
「こんばんは。よろしくお願いします。」なんて言葉にも緊張がある響きだった。


コートを脱ぐと目に付くのは豊満なバスト。
E?いや、Fか?
全体的な肉付きも良かったが、決して太っている訳ではなく、理想的な女らしい体型だった。


ベッドに入ると即尺のサービス。
「こんな子に咥えてもらえるなんて…」
ものの数秒で興奮を覚える息子。
いや、興奮していたのは息子だけではない。
頭、身体全体が沸騰していた。
小さなお口だが、歯が当たることもなくこの子の優しい雰囲気が伝わってくる丁寧なフェラ。
最後までヤってこの子の口を汚したいという欲求もあったが、それ以上に合体したいというはち切れんばかりの欲求が襲ってくる。
「(挿入して)いい?」
「うん…」


息子を彼女の秘部に当てる。
ヌプリ…
ゆっくり挿れ、徐々に深く挿し込んでいく。
奥まで挿れた時の幸福感、なんとも言えないくらい感動した。
我慢できずに腰を振る。
「熱い、きつい、気持ちいい…」
たまらず「んあ…ああ…気持ちいい…」と声を出す俺。
彼女の方は「………んっ………ハァ…ハァ…」と時たま息を漏らす程度だが、この恥じらいのある感じ方が俺をより一層興奮させた。


突いていると、彼女の胸がゆさゆさ揺れている。
目の前にいる極上の女の胸を味わいたくない男がいるだろうか?いや、いない。
両手で胸をつかむ、揉みしだく。
あまりの柔らかさにいつまでも触っていたいくらいだった。
乳首に口付け。
乳首が感じるようで、吸ったりすると「んっ…んん…」と声を出していた。


四つんばいにさせる。
胸も好きだが、それ以上に尻が好きな俺は、彼女の尻を鷲掴みにしながら突く。
この女の尻を掴みながら征服している目の前の光景に大興奮し、腰の動きが限界まで早くなる。
「んああ、ああ…ハァハァ…もうイきそうだ…」
だが、何を思ったのか一旦中断し、彼女の秘部から息子を抜く。
そして、尻を狂ったように舐めまくる。
尻だけではない。
女性器や肛門まで舐めて舐めて舐め尽くす。
彼女の女性部分を舐めることによって「この女は俺のものだ」と示す一種のマーキング行動を本能的にしていたのだろうと今は思う。


正常位に戻って突く。
「キスしたい…」
キスをしながら突くと、腕を俺の首と背中に回して一生懸命愛してくれた。
「んふー!ふーふーふー、ふっふっ、んあふーー!!」
キスしながらこんなに息を荒げて正直気持ち悪いと自覚はしていた。
でも、もう理性でこの興奮は止められなかった。
「んっんっんっ、んぁぁ…んふっ、ふっふっ、ふーふー、んんん、んんm、nんんんんーーーーーーーっっっ!!!」

イった…
イってしまった…
最高のセックスだった…
俺がイったのを確認すると、彼女は背中に回した腕をギューーーッ!としてくれた。
女の弱い力だが、俺には大柄の男にも勝るような力に感じられた。
俺も頭は天国に行っていたが、それに応えるよう精一杯彼女を抱きしめた。
1分、2分ほどその状態で繋がっていた。






永遠に繋がっていたかったが、時は儚いもの。
15分の終了時間、そしてまもなく終電の為彼女との繋がりを解き、一緒にシャワーを浴びにいく。
シャワーを浴びながらお互いのことを話したりほんの少しの楽しい一時を過ごした。
俺は基本的にオキニを作らない主義だが、この子は本当に最高だったので、名前を聞いた。
機会があったらまた入ることを約束。
別れは惜しかったが、仕方がないもの。
キスをしてバイバイ!


帰り、バb…聖母様に
「最高でした!あの子本当によかった!あの子選んでくれて本当にありがとうございました!いやー本当に最高でした!」
と褒めまくったら、若干驚きつつも(っていうか褒めまくってたから若干引いてたような気もする…)
「よかったね。おおきに。また来てや。」


「もう今度からこの旅館専属にしようかな」と思いながら、最高の気分で信太山を後にした。


gT7E2UZOVn39TSZ1357950072_1357950081.jpg



23
Category: 2012大阪風俗旅行記   Tags: ---

大阪風俗旅行記その7

「うへへ…ぐへへへ…ぐふふひょ…うひょー^^」
嬉しさのあまり、電車の中で相当キモイ顔をしていた俺。
しかし、終電でガラガラの車内だったので人には見られてないから良しとしよう。


難波に到着。
今日はホテルではなくネットカフェに泊まる。
前日の高級ホテルから一転、ネカフェ難民に転落した俺。
「べ、別にお金がないって訳じゃないんだからねッ///」
パソコンから翌日に遊ぼうと思っている風俗の情報などを調べたかったのだ。


ネカフェに向かっていると、「お兄さん飲みどうですか?」とキャッチの女の子に声をかけられる。
「いいです」と一蹴するもめっちゃ食い下がってくる。
あまりにもしつこいので撒こうとしたが、追ってきて腕を掴んできた。
「新地のババアよりタチ悪いぞ…」
結局、根負けしてしまったorz


歩きながら話す。
「この寒い中3時間くらいずっと呼び込みしてて、ホントお兄さんが来てくれてよかったです!」
「そんな時間頑張ってたの!?大変だったね」
「そうなんです~、蹴ってくる人とかもいてホント大変でした!!!」
そりゃ、あんなにしつこけりゃぶっ飛ばしてくる輩がいてもおかしくないわな。


店に到着。
ビルの4階にあり、中に入ると場末のバーっぽい雰囲気。
客は俺の他に一名いて、女の子二人が接客していた。


カウンターに案内される。
「飲み物どうしますか?」と聞かれたので「烏龍茶」と答える。
「えっ?お酒飲まないんですか?」
「酒嫌いなんで」
jimmyは酒が嫌い。
その代わり、甘いものやハンバーグといったお子様が好きなものを好む(味覚はお子ちゃまですが、偏食はないです)。


烏龍茶で乾杯のシラフ会の開始。
が、この子全然喋らない。
仕方がないので、こっちから話題を振る(あれ?俺客だよね?)。
色々聞くと、つい最近大阪にやってきた模様。
大阪に遊びに来た時に都会っていいな~と思い、田舎から脱出したくなったらしい。
どうりで垢抜けてない田舎少女っぽい感じだと思った^^;
この店も入って一ヶ月の新人らしい。
どうりで接客が適当な訳だ^^;


女の子のこと聞いたり、こっちのことや東京の話をしている内に先客が帰り、先輩の女の子がまた外に呼び込みに出かけた。
狭い店内には女の子と俺の二人っきり。
ということは…ムフフ…なんて展開ではございません。
女の子の愚痴大会の開始です。
「都会に出てきたのはいいが、月2万しか給料ない」
「先輩は頼りない」
「明け方5時まで外に営業しにいかなければいけない」
「家がないから店内で雑魚寝」
「店の空調は酷いから寒くて仕方がない、冷え性の自分には地獄」
「店に泊まってるから風呂がない、身体洗うのも一苦労」


相当ストレスが溜まっていたのだろう。
ストレスを吐き出したかったが、店に先輩などがいて吐き出せない状況にあった。
やっと関係者がいない空間ができ、一気に爆発した。


…あのー、何で金払って愚痴を聞かされなければいけないのでしょうか^^;
とりあえず「そんなに大変ならこの仕事辞めて昼職就けば?」と言ったが、「昼の給料安い」と即却下。
昼でも余裕で月2万以上稼げると思いますが^^;


「このお店辞めてもっと稼げるお店に行きたい!!!」


人生は計画通りにいかないものだが、この子を見ているとある程度の展望を立てる必要はあるなと認識させられた夜だった。


26
Category: 2012大阪風俗旅行記   Tags: ---

大阪風俗旅行記その8

店を出てトボトボ歩く。
「愚痴を聞いて7000円か…ピンサロ1回分無駄にした…ああああああああああああああ」
何でもかんでも風俗に換算してしまう可哀想な脳を持っています。
まあ勉強代と割り切るか…


ネカフェに着く。
睡眠を取る。
疲れてたからか、良いと言えない環境でもそこそこ寝られた。


休むのに適していないのにも関わらずネカフェにやってきたのは、風俗の情報を調べるため。
今までは新地遊びがメインだったが、一発くらいホテヘルやデリヘルでまったり遊びたいと思っていた。
事前に多少調べたりはしていたが、候補が色々あって決めかねていた。
むきたまごやんちゃな子猫といった大手グループにしようか、それともマイナー店にしようか…どうしようかなー」
調べるにあたって、リンクさせて頂いてる大阪風俗体験記さんにはお世話になりました。豊富な情報で参考になりましたm(_ _)m
悩んでいる内にどんどん時間が過ぎていく。
「いい加減決めないとやばいな。…よし、ここに決めた!」
決めたのは、枕営業部OL○秘交渉という店。
「今まで若いギャルとかばっかやったから、趣を変えて大人のお姉さんと交えよ^^」


ネカフェを出て路上で電話受付をする。
路上だったため、車などが通り聞き取りづらく何回も聞き返したのだが、嫌な反応もなく終始丁寧な応対だった。
俺「○○さんお願いします」
店員「○○さんは3時間待ちですね」
流石に3時間はきついので、他の嬢を指名する。
俺「じゃあMさんで」
店員「Mさんは10分くらいですね」
という訳でMさんに入ることに。
受付時に合言葉を言えば半額券、アダルトDVD、嬢の生パンティーを貰えるとHPに書いてあったので、全部貰っといた。
乞食とでも呼んでくれ。


指定された場所(三井のリパーク)でしばし待つ。
それらしき人が来たと思ったら、スルーされた。声かけなくてよかった。
それから5分後くらいして背後に気配が。
「jimmyさんですか?」

\(^0^)/

あれだ。
期待してたんですよ。
綺麗なお姉さんが来ることを。
でもね、よく考えるとこの店60分で12000円(ホテル代込み)とわりかし安い。
調べてる時は脳内お花畑だったので全然気づいてなかった。
まあつまり、おばさんが来たってことです。
やっちまった…
いや、でも大事なのは相性や!
ってことで話すもgdgd
もう戦う前にオワタ…


JqtTUHoYRkbOgd61359167903_1359167916.jpg
一戦交えたホテル。


部屋に入り、金を払ってDVDとか貰う。


Tt87sYL2edi0c9x1359168185_1359168220.jpg
OL店なのに何でつぼみ…


服を脱ぐと重力に負けた牌があらわに。
俺のテンションはどこまで下がっていくのだろうか…
シャワーを浴びてチンコ洗ってもらう。
さて、ベッドで戦いの始まり。


おばさんってことでテクにはちょっと期待してたんですよ。
でもね、あれれー?全然じゃねーか。
期待外れでつまらん。
攻められてもあんま気持ちよくないので適当に攻め返す。
で、ある交渉を持ちかける。
断られた。
ですよねー^^
フェラや手コキでとりあえず抜いてもらう。
ふぅ。
精神的に盛り上がらないと全然気持ちよくないな。
パンツ貰ったけど、コンビニのゴミ箱に捨てたw
半額券貰ったけど、もう二度と来ることはないだろう。


ncvXAkI2ndElW2P1359167784_1359167796.jpg



29
Category: 2012大阪風俗旅行記   Tags: ---

大阪風俗旅行記その9

ホテルを出たのが午後3時くらい。
夜には新幹線で帰らなくてはいけないが、最後に飛田で遊びたいと考えていた。
しかし、すぐさま飛田に行く体力がない。
というわけで観光に出かけることに。


エロイスポットしか知らない残念な頭;;をフルに使って導き出された観光地は、IKEA。
「IKEAのどこが観光地だよ…普通大阪城とかだろ…」と思われるかもしれないが、そんなの昔に行ったから今更行く気がしない。
ちょうど本棚が欲しいと思っていたし、シャトルバスは無料なので金を使わず観光できるというのがIKEAのいい所だ。


シャトルバスはJR難波駅から出ているので、日本橋から歩いて向かう。
道中で、たこ焼きを食べる。


12iQwpxtQ1tQ0931359398368_1359398392.jpg
6個で300円だったが、おまけで1個追加してくれた。
多分デフォのサービスなんだろうけど。


a5sQbaDxTGOqZ0R1359398425_1359398439.jpg
シャトルバス乗り場。


FXMjqxnGc9fI8Y51359398465_1359398480.jpg
IKEA!
まあIKEA港北には何回か行ったことあるので、そんなに興奮しませんでしたが。
とりあえず本棚を見るが、あまり欲しいと思うのがなかった。
というわけで、他の家具も見て回る。


k2iYHCk4R9fKtsE1359398500_1359398513.jpg
流石に汚物入れは置いてなかった(笑)


6gf6DJ1C41036l31359398528_1359398539.jpg
ギシギシ具合も確かめたかったが、公然猥褻罪で捕まるので自粛。


JyOzolzolDzrmJx1359398555_1359398566.jpg
キモイ動物達。


3kuegO2VomyH9ns1359398845_1359398860.jpg
サファリパ~ク♪


ooGrJR8V52pVWlg1359398782_1359398823.jpg
動物の森面白いですよね、やったことないけど。


6FpIGfaaFHNYGix1359469404_1359469417.jpg
今回の戦利品。
テープで女の子の手足を縛り、棒で女の子をビシバシ叩く…
ハイ、そんなことに使用するものではありません。
コロコロと替えのシートです。
日本広しと言えども、大阪に来て掃除用具買って帰るのは俺くらいでしょう。


lVtuPeNZeUkyxvA1359398902_1359398914.jpg
IKEAと言えば、ホットドッグとソフトクリーム。
どっちも100円未満で安い。
ネカフェでソフトクリーム食べたから今回は遠慮しといたが。
余談だが、昔ソフトクリーム食べまくったら翌日のう○こが白くなっててビビッたことがある。
ドリンクバーも付ければ更にお得。


fwZzfEKY5X6UKIP1359398929_1359398944.jpg
バイバイIKEA。


中々有意義な観光ができた。
よし、旅の〆の飛田へ向かうか。


30
Category: 2012大阪風俗旅行記   Tags: ---

大阪風俗旅行記その10



N2_1wjZfte4N7OU1359398991_1359399009.jpg
再びこの街にやってきた。
初日にやってきたが、最後のお楽しみにしといた飛田。
好きなものは最後までとっておく派です。
ぞうさんのアーケードを通って左に曲がれば夢の料亭街。
ちなみに、僕のぞうさんも左曲がりです。パオーン。


ここまで5発抜いたから少々元気がない俺の息子。
このまま戦うには少々不安が。
「飛田の女子のみんな、オラのチ○ポに力を分けてくれ…ッ!!!」
ということで、青春通りとメイン通りをブラブラ。
うひょー^^
うひょひょーーー^^
うっひょひょひょひょおおおおおおおおおおおおお^^^^^^^^^^^^^^
「みんな見てくれ!みんなのおかげでオラのチ○ポ、元気になったぞ!」
「よーし、どの子にしようかなー^^」
歩いていると、あるギャルと目が合う。
ギャル「(ニコッ)」
かわええ…
笑顔に悩殺されてしまった…


気が付いたら部屋の中にいた。
16000円を払ってちょっとしたお菓子を貰う。


早速服を脱ぎ脱ぎ。
このギャル、めっちゃ良かった。
細身でスタイル抜群。
そして、子犬のような屈託のない笑顔が凄い印象的だった。
ゴムフェラだったが、口の中に唾液を溜めてるからめっちゃチンポが熱い。
ピンサロのランク嬢にも匹敵する上手さだった。
アソコは少々緩めだったが、それをかき消すくらいかわいいし、愛嬌あるし全く問題なし!
やっぱ美人との交わりは最高!






幸せ気分で飛田を後にし、動物園駅から御堂筋線で新大阪へ。
駅弁屋に寄ってく。
べ、別に卑猥な意味なんてないんだからっ///
眠いから車内で食べるより寝ていたかったので何も買わなかった。


niJcohGGtNkAHph1359399091_1359399102.jpg
お土産に八ツ橋を購入。
何で大阪来て京都の土産を購入するんだよ…と思われるかもしれないが、八ツ橋好きなんだもん(´・ω・`)


oK2F3IftnUEwqnL1359435556_1359435566.jpg
しんかんせーん(^q^)


品川に到着。
山手線で帰路に着く。
楽しかった旅ももう終わり。
家に着いて起きればまたいつもの日常に戻る。
でも、またいつか来ようと思えば頑張れるもの。
viva!大阪!


終わり。



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。