地味リーマンの風俗狂い日記


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


23
Category: 裏風俗   Tags: ---

東京・小作の本サロの調査

東京の外れの小作というところに本サロがあるという情報を入手した。
よし、じゃあ行ってみるか。


1月の某日、この日は冷え込んでいた。
寒い。
俺は寒いのが苦手なので、さっさとセックス調査して帰ろう。


青梅線に乗り込む。
立川…昭島…福生、羽村、そして小作に着く。
小作は繁華街ではないのだが、駅前にやたらキャバクラがある。
郊外に何故…?と思うが、この界隈はちょっと車を走らせると工業地帯なので、工場労働者の需要があるのだろう。


ペデストリアンデッキを降りると、セブンイレブンの前でキャバクラ嬢とDQN風の若者がたむろしている。うざいな。
店内に入ると、仕事帰りのリーマンや近所の住民の中に普通にキャバクラ嬢がいる。
一度来てみればわかるが、本当にこの街はキャバクラが盛んなのだ。
キャバクラ案内所が何軒かあるほどだし。
しかし、俺が興味があるのは風俗店なので、キャバクラなんてどうでもいいのだ。
早く目的の店を探そう。


セブンイレブンのすぐ近くの曲がり角を曲がると、ベンチコートを着た客引きに声をかけられる。

「お兄さん、ピンサロはどうですか?」

ピンサロか。
俺が探している店なのかな?
とりあえず歩きながら話を聞く。

「今の時間は8000円ですけど、割り引いて7000円でいいですよ」

7000円か。
交渉すればもうすこし安くできそうな気もする。
そもそも最後までできるのかな?
っていうか、寒い。
さっさと暖かい場所に入りたい。
多分、目的の店だろう。
ということで、7000円で妥結。

「お兄さん若いから若い子がいいですよね」

ん、なんか期待を持たせてくれるような雰囲気だぞ。

「こちらです」

案内された店は、やはり俺が探していた店だった。
よし、あとはSPサービスが今もできるかどうかだな。


店に入り写真がないかどうか聞くと、後ろを指差される。
…なんだか全員同じような感じだな。
しかも、指名すると割引が効かなくなり、指名料の2000円と合わせて10000円って言われたし。
写真を見たものの、「若い子がいいですよね」を信じてみたいから、おまかせにする。


席はゆとりのある空間で、半個室と言ってもいい感じだ。
烏龍茶を飲みながら「本当に若い女が来るのかなぁ」とか色々考える。
しかし、おまかせした以上、与えられた女とエロイことをするしかないのだ。
考えても仕方が無いので、考えることを止めた。

………

「こんばんは~」

女が来た。
客引きが言ってた通り、若いぞ。そして、かわいい。
体形は肉付きがよく好みの差が出そうだが、これくらいなら俺は余裕のよっちゃん(死語?)。
客引きのおっさ…お兄さん、ありがとう!


会話タイム。
年齢の話になったので、「22歳?」と聞いてみる。

「ううん」

すいません。なら、

「21歳?20歳?」

女は首を横に振る。
じゃあ何歳だよ…

「19だよ」

あ、すいません。
ん?19?
10代キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
まさか、こんな場末の店に10代がいるとは…
なんだかおちんちんがふっくらしてきました^^


話をしながらも、こっちの身体を弄ることは忘れない。
ちんこを揉みながら、

「Mでしょ?」

まあ、身体を弄られた時にビクン!ってしたりとそういう風に思わせるように反応したので。
えっちな時間に移る。
キスは浅め。えーん;;

「耳責めて下さい」

「乳首気持ちいいんです」

10代の子に責められる20代の俺。
しかし、全体的にスローペースというか、だらだらやっているというか。
その理由は、後で何となくわかることなのだけど。

「おっぱい見せて」

「おっぱい見せて、じゃないでしょ?」

「おっぱい見せて下さい…」

10代の子に服従させられる俺。
しかし、この子の様子を見る限り、本当のSではないのだと思う。
最初に俺がMっぽい反応したからSを演じてるだけで、本当はMの子なんだと思う。
くそ、Mの設定にしなけりゃ良かった。


その内、フラワータイムなんてコールが聞こえてくる。
すると、

「ねぇ、えっちしたくない?」

したいです。
そのために片道500円ほどかけてやってきているのですから。

「ん~とね、ここでするなら15000円で、奥の方のベッドがある部屋だと20000円かな」

…べらぼうに高いな。
ディスカウントできるか交渉してみる。

「う~ん、じゃあここなら10000円で、奥が15000円。これ以上は絶対無理かな」

随分と安くなったな(笑)
っていうか、最初ぼったくりすぎだろ。
という訳で、10000円を支払う。
彼女は、お金を持ってフロントのところへと一旦出て行く。
なにはともあれ、今現在もSPサービスはあったわけだ。
彼女がやたらゆっくり責めていたのは、焦らしてムラムラさせてSPサービスに持ち込む戦法だったのだろう。多分…


俺、ぽつーん。
手元には、彼女のブラジャーが。

クンクン^^
乳臭い^^
スーーーーーーハーーーーーーー^^

「ただいま」

戻ってきた彼女は、スキンをテーブルへポイッと投げる。
おいおい、はしたないな。
しかも、テーブルに跳ね返って床に落ちたし。


裸にYシャツの彼女。

「脱がしていい?」

「脱がしてください、でしょ?」と今回言わなかった彼女は、やはりSではない。
豊満な胸を味わう。
おいしー^^
生フェラされ、ちんこがいきり立ったらゴムを着けられる。
挿れる前にクンニをしようと思ったら、

「駄目、そのまま挿れて」

仕方がない。
10代のまんこにちんこを放り込む。
締まり具合はいいわけではないが、やはり若くてかわいいからそれだけで気持ちいい。
しばらく腰をふりふりするが、ソファでやっているので、右足で全体重を支えなければならない。
右膝がガクガクし始める。
膝が壊れるので、バックへ。
変な体勢には変わりはないのだが、先程よりはマシになったので、このままピストンして3日分のザーメンをゴムの中にぶちまける。


終わった後は話をするのだが、俺の太ももに頭を乗っけてゴロニャーンしてくる。
やばい、甘え上手だな。
この店の情報を探るが、この日に出勤していたのは、彼女以外は30以上しかいないらしい。
おお、俺はアタリを引いたんだな。
この日以外の嬢の情報を聞くと、次に若いのはぎりぎり20代、あとは全部30以上らしい。
ホント、俺は運が良かったんだな。
あと、彼女との話で出てきたのだが、この仕事のことを「アルバイト」と表現していた。
キスが浅めだったり、クンニを嫌がったりと所々にアルバイト的な意識が出ていたのだが、10代ってだけでこの店では無敵なのだからそこらは仕方がないのだろう。


店を出たら、雪が降っていた。
どうりで寒いわけだ。


調査結果:アルバイト感覚の女とセックス17000円。




 

Comments

Edit初めまして
先日ここ摘発されました(>_<)地元なんで良く行ってましたよ
EditRe: 初めまして
>ガンダムさん

全国ネットで舌出しで放送されましたね。
年齢層がいまいち不明ですが、行列ができていたってことはガンダムさんは美味しい思いをしていたんですね。

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。