地味リーマンの風俗狂い日記


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


16
Category: 2012大阪風俗旅行記   Tags: ---

大阪風俗旅行記その2

ホテルを出て、飛田新地へと向かう。
説明は不要だと思うが、一言で言うと料亭w
アーケードを歩く。

xOyKkjbPphtJm2c1355621083_1355621094.jpg

すれ違う人の9割は50代以上。
この街の年齢比率は相当高いなぁ。
ただ、一人だけ小学校低学年くらいの女の子を見た。
彼女はきっと逞しく育つだろう。
スーパー玉出の前で普通にホームレスのおっちゃんが寝てた。
カオスな街並み。


飛田に到着。
いやー懐かしいなー^^
まずは、妖怪通りや年金通りと呼ばれるストリートを歩く。
^^
^^
^^
^^
^^
^^
^^
^^
^^
^^
^^
^^
^^
^^
^^^^^^^^^^^^^^^^^

















俺が妖怪通りで一戦を交えるのはまだ早かったよう。
という訳で、青春通りとメイン通りにやってきた。
店の前を歩く。
うひょーーーーーーーーーーーー^^
先程とは比べ物にならないほどの美女が一軒ごとに座っている。
ナースのコスプレや上半身水着の美女が「こんにちは」なんて微笑みかけてくる。
一軒通る度に一目惚れしてしまった…
顔の筋肉がほぐれニヤニヤ状態になり、かなり怪しいやつになってた俺。
2,3周ほどして、脳内麻薬ドロドロ状態。
近くには麻薬の売人もいるが、そんなのは必要なし!
「さーて、目の保養になったし遊ぶか!」ってことで天王寺方面へと歩く。
「えっ、飛田で遊ばないの?」と思うかもしれないが、ここには観光wに来ただけ。
最初は信太山で遊ぶと決めてたので。


天王寺駅に着く。
日本一高いビルを建設中だったりと、再開発が物凄い。
信太山駅へは阪和線を使用。
ホームで待っていると、観光している中国人?に「スミマセン、コノデンシャ、オトリエキニイキマスカ?」と聞かれる。
「(俺も観光客だから駅なんて全然わかんないよ…)」と一瞬困惑するが、オトリ=鳳かな?と思い
「鳳駅ですか?」
「ハイ、ソウデス」
「鳳駅に行きますよ」
「アリガトーゴザイマス!」
何故わかったかというと、信太山駅に行くには鳳駅で各駅停車に乗り換える必要があるからだ。
エロの為の知識がこんな形で役に立つとは…
エロは世界を救う…昔の賢人の教えに感心した。


BcM_GhklXH8yl5i1355621151_1355621162.jpg
信太山駅に到着。

y5T1TaXQl15t1qD1355621246_1355621258.jpg

_JcqsJwt1q9avw11355621323_1355621335.jpg

天王寺方面へと線路沿いに歩いていく。
信太山新地は完全に隔離された空間なので、初めて訪れる方はきちんと調べないと通り過ごしてしまうだろう。

qcxhmAOaKGWHew81355621353_1355621374.jpg

入り口。


信太山の遊び方だが、店先に女の子は座ってなく、やり手ババアに好みを伝えて部屋に直接派遣してもらう形式。
デリヘルをイメージしてもらえればなんとなくわかると思う。
新地内を歩いていると、やり手ババアから声がかかる。
その中から「20歳の若い子おるで」という声に反応。
話を聞くことに。
俺「その20歳の子ってどんな見た目ですか?」
ババアA「う~ん、そうやな~…」
俺「ギャルって感じですか?それとも、清楚な感じ?」
ババアB「中ギャルって感じやな!」
俺「(中ってなんやねん…)スタイルはどんな感じですか?」
ババアA「めっちゃ細いで!」
俺「えっ、めっちゃ細い!?(鶏ガラ級か?)」
ババアB「細いって言ってもおっぱいはDあるし、めっちゃスタイルいいよ!」
俺「(ババアBを信じるか…)じゃあその子で!」
ババアA「おおきに!」
ババアB「じゃあ7500円お願いします。部屋に入ったらシャワー浴びとって」


部屋はフローリングにベッドが置いてあるだけの簡素な部屋。
シャワーを浴び、隣の部屋から聞こえてくる喘ぎ声に耳を済ませて戦いに備る。
ガチャ
155㌢くらいのショートカットのギャルが入ってきた。
例えると、木下優樹菜より少しギャル度が上って感じ。
ま、中ギャルじゃなくてフツーにギャルだ。
スタイルはババアBが言ってた通りで綺麗なラインしてた。


すぐに服を脱ぐ。
「ベッドに横になって」
仰向けで寝ると足の間に嬢が入ってくる。
フェラの開始。
5日ほどオナ禁していたので凄いきもちいい…
ソッコーで通天閣化。
1,2分フェラしたところで
「もう我慢できない…挿れていい?」
「いいよ」
ゴムつけて正常位でIN!
締まりは普通だった。
ギシギシギシギシ…
「あっあっ…」
ちょっと生意気そうなギャルが今や情けない姿して喘いでる。
「もっと情けない姿にしてやるよ」
バックでパンパンする。
アナルを弄ったら「こしょばいw」って言われた(´・ω・`)
尻を鷲づかみにしながら濃厚白濁ジュースを発射!!!


きもちいい一戦だった…
だが、これはこれから始まる多くの戦いの序章に過ぎなかった。



 

Trackbacks

ホテルを出て、飛田新地へと向かう。説明は不要だと思うが、一言で言うと料亭wアーケードを歩く。すれ違う人の9割は50代以上。この街の年齢比率は相当高いなぁ。ただ、一人だけ小学校低学年くらいの女の子を見た。彼女はきっと逞しく育つだろう。スーパー玉出の前で普通にホームレスのおっちゃんが寝てた。カオスな街並み。飛田に到着。いやー懐かしいなー^^まずは、妖怪通りや年金通りと呼ばれるストリートを歩く。^...

 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。