地味リーマンの風俗狂い日記


In 11 2013

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


06
Category: ピンサロ   Tags: ---

赤羽 「アイドルコレクション」 ピンサロ



mWQFkEJkHBSnB3B1383687355_1383687382.jpg


とある日、こんなチケットを入手してしまった。
かなり安く遊べるが、わざわざ行くことにあまり気乗りしなかった。
同じチケット持ったやつらで混んでそうだし、安さ故に地雷的な嬢付けられたら嫌だし。
他にも、レポしてないが昔遊んだ子がいて、結構出勤しているからまた付いたら嫌だし。一期一会主義者なので。
そんな感じでチケットの有効期限の9月末に近付いていたのだが、ある日赤羽の本サロに行った(→これです)。
赤羽の本サロはちょっと“アレ”なところなので地雷というか心に傷を負う可能性が高かったので、アイドルコレクションは本サロよりはマシだろとついでに寄ることにした。


【店名】アイドルコレクション
【地域】赤羽
【業種】ピンサロ
【費用】2980円
【HP】http://akabane-icolle.com/


本サロ行った後にアイドルコレクションに行くが、歩いて10秒wくらい。
本サロのボーイさんに「やっぱうちの店じゃ満足できなかったか…」とか思われたのかな?そんなことはなく“ついで”に行っただけなんだけど。
店の前に行くと黒服の男が会釈してくれる。
階段を降りると「一名入りました」なんて無線で連絡を飛ばす。
仕事してますね。吉祥寺の某店なんて突っ立ってるだけですからね。
階段の先に二人先客がいたのだが、チケットは2名以上だと更に500円割引になる。
俺の仲間にしてやんよ!と言いたかったが、すでに無線で状況は伝わっているためそれはできず。無念。(実際はそんな状況でも声かけません)


受付で先客のおっさん二人が「どの子にしようかな~」なんて相談している。
考えてないで早く決めろ。あんま遅くなると終電なくなるんだよ。
結局おっさんたちはフリーにした。
会計の時におっさんたちが例のにーきゅっぱチケットを提出し、2480円で会計済ましてた。
この風俗キチガイどもが…そんなに安く遊びたいか?50歳くらいなのにみっともないぞ!(俺も混ぜてくれ!←本音)
そんな中、俺は迷いなくフリー宣言し、2980円で遊ぶことに。


席に着く。
ベンチシートで広さは…本サロの5分の4っていったとこ。そんなに広くはないってことですね。
テーブルのコップを置くホルダーみたいなのがオシャレだった記憶が。
あと、BGMがラルクでピンサロでポップスは珍しいな~と。
そんなこと思いながら待っていると、女の子のナンバーがコールされる。
目の前に張ってあるランキング表を見ると、どうやらその中の子が付いてくれるようだ。
先に入ったおっさんたちに付けず俺に付けてくれるとは…
500円の差って大きいですね。俺も5020円割り引いて遊んでるんですけどね。
っていうか正直なとこ、おっさんたちちょっと汚らしいというか底辺臭が漂っていたので、多分ボーイさんが気を使ってくれたんだと思われます。


女の子到着。
セミロングの切れ長の目で綺麗な感じの子。ルックスはやはり本サロとは比較になりませんね。
「赤羽は初めて?」なんて聞かれたが、「ついさっきまでそこで腰振ってますた^^;」なんて言えるわけもない。
「うん、初めてだよ」なんて嘘付いてしまった。嘘つきでごめんね。
プレイはオーソドックスにキス→おっぱい舐め舐め→手マン→こっちの乳首舐め舐め→フェラといったところ。
先程抜いているため、時間がギリギリになってしまった。
謝るが「全然いいよ」なんて言ってくれる。いい子だなぁ。


全体的には普通だったが、ちょっと気になったのは系列と比較しても巡回が多いところ。
近隣にSEX屋さんがあるからこの店でもしかねないと思って巡回が多いのだろうか?
まあこのクオリティの子とSEXできたら嬉しいですからね。
赤羽という地域はやはり特殊地帯のようだ。



20
Category: 裏風俗   Tags: ---

東京・蒲田の本サロの調査

蒲田と言えば、赤羽と並ぶ東京の本サロ街だ。
先人たちの努力によって、蒲田の本サロの情報はネット上に結構詳しく載ってたりする。
今回は、そのネットの海に一石を投じようという訳だ。


ということで2013年10月某日、京浜東北線を使って蒲田にやってきた。
東急池上線と多摩川線も蒲田に駅を構えているが、京急は何故蒲田を名乗っているのだろうってくらい離れている。
京急蒲田は、羽田線乗換駅とでも名称を変えるべきだと思う。
そんなことはさておき、本サロはJR東口近辺にあるという噂だ。


駅を降りて真っ直ぐ歩き「中央通り」という名のアーケードをくぐると、道の両側に多くのサロンと客引きが立っている。
客引きに話を聞くと、「口だけ」という返答。
この通りは普通の場末のピンサロだけなので、少し歩いたところの十字路を右に曲がり、2軒のサロンの内“N”(“H”という情報もあるが、ちょっと改名した模様)という店の客引きと交渉することにした。

「お兄さん、蒲田は始めて?」

「はい」

「5000円で口、10000円で最後までだよ」

自分で詳細明らかにしちゃったよ。まあ事前に調べてわかっているんだけどさ。

「じゃあ10000円の方で」

「ありがとうございます!じゃあ2階に案内しますね」

結構年季の入った建物を上がっていき、重々しい扉を開けて店内に入る。
暗い。
先導されて一番奥の席へと案内されるが、手前の席にはもう一人客が入っていて結構賑わっていた。
席は対面式にソファが並んであり、「これって小作のメロン倶楽部(こんな店知ってる人いないか…)と同じ造りじゃん」と思いながら反対側のソファに荷物を置く。
混んでたらテーブルを挟んで互いのプレイを見せ合うことができるが、この店が混んだりすることはまずないだろう。


しばらく待っていると女がやってきた。
推定30半ばの細身の女だ。
服装はSEXしやすいようにかドレスだ。


とりあえず世間話をするが、話をしにきた訳ではなくSEXをしにきたのだ。
適当に話を切り上げキスをするが、女はあまり乗り気ではない模様。
イケメンじゃないから盛り上がりませんよね。すいません。
服を脱ぐが、「全裸でいい?」と聞いたら駄目なようだ。変なこと聞いてすいません。
蒲田という土地柄か上半身は着ておかないといけないらしい。
女の胸を攻めるが、あまり触られたくない模様。
乳首を舐めると身体を遠ざける。
そりゃ、こんなキモいやつに舐められたくないですよね。キモくてすいません。
フェラに移るが、ちょっと手コキして勃起したらゴム着けてフェラ。
生フェラじゃないんだ…こんな男のちんぽ、媒介を通さなきゃ咥えてられませんよね。ホントすいません。


一応勃ちはしたので挿入することに。
「どうする?」→「騎乗位でお願いします」
とりあえず犯されるが、顔を見ると女は喘ぐことなく空虚な目をしている。
気分が盛り上がらないのでバックへと移行。
後ろの席の客を見ると、相変わらず話をしている模様。
話をしにきただけの常連客か?こんな店にもお得意様っているんだなぁ。
目が暗さに慣れてきたので後ろの席の女の顔を見ると、蒲田としては標準クラスの女といったとこ(蒲田なんてよく知らないけど多分標準クラス)。
っていうか、後ろはSEXしておらず、俺だけソファから飛び出た上半身を見せているのは滑稽な光景だなと思うと更に気分が盛り下がってきた。
無茶苦茶な体勢の正常位になり、目を瞑って色々と妄想して必死になりながらなんとか射精。


終わった後に色々話すが、年齢は36とか言ってた。
内部情報だが、一番上は48で下は24らしい。
24なんて若い女がいるんだ…それを聞いて少し“ハッピー”な気分になったよ。
あと、話の流れで女に「一人暮らし?」と聞いてしまって「あ…やべ…」と思ったが後の祭り。
バツが悪そうな顔をして「うん、一人暮らしだよ…」と返す女。
ごめん…でもいつかきっと王子様がやってきてくれると思うよ…


店を出るが、隣の店の客引きに色々冷やかされた。
うるせーよ、今度お前の店にも行ってやるからな。
帰路に着くが、23時過ぎの京浜東北線は激混みだった。
日本のサラリーマンどんだけ遅くまで働いてんだよ…


調査結果:10000円でおばさんと盛り上がらないSEX。




1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。