地味リーマンの風俗狂い日記


In 12 2012

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


16
Category: ぼやき   Tags: ---

悲しみの記事

やけにムラムラしたので、先程風俗に行ってきました。
先日は結局おまんこぺろぺろしなかったので、禁断症状が出てしまったのです。
電車の中でエロ画像を見ながら気分を高めます。
あっさり書いてますが、傍目から見るとやばいやつですね。ハァハァ
吉祥寺に到着です。
店に向かう前にコンビニにお金を下ろしに行きます。
かつて金が足りなくて赤っ恥をかいたことがあるので、店に行く前に確認する癖をつけたのです。
ATMにカードを入れます。
「ただいまお取り扱いしておりません」
「は?」
仕方がないので別のコンビニに行きます。
結果は同じでした…
結局、金がないので風俗に行かないで帰ってきました…
交通費無駄にしただけ…
キャッシングも使おうと思えば使えるのですが、本当に困ったとき以外は使わないと決めているので使わなかったです(ブログのタイトル“風俗狂い”なのに…)。


1OQqUCEG8HIGP_x1355588391_1355588419.jpg

一応ラーメン食べる金はありました。


今日の昼に風俗行くか。
吉祥寺止めて別のところにしようかな。


16
Category: 2012大阪風俗旅行記   Tags: ---

大阪風俗旅行記その1

「久々に大阪に行きたい」
ある日ふと思う。
昔、大阪に嵌った時期があった。
正確に言うと、大阪ではなく新地だけど。
「有給を使って3連休にして遊びに行こう!」
思い立ったらすぐ行動。
夜行バスのチケットをポチり、大阪に行くことに。


そして出発の日。
夜行バスへと乗り込む。
新幹線等使わなかったのは、節約して風俗資金に回すため。
ピンサロ1回分の金を節約できた。
身体はきついが、エロのためなら我慢我慢。
長い長い移動の始まり。


………


人生とは、いつ何が起きるかわからない。
笹子トンネル崩落事故。
俺は中央道を通って大阪へ向かったが、笹子トンネルを通過したのは12月1日、崩落事故が起こった前日のこと。
タイミング次第では、今こうしてこの旅行記を書くことができなかったかもしれない。
自分が生きていることに感謝すると同時に、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。


夜行バスの寝心地は最悪。
1、2時間程度の浅い眠りと起きたりの繰り返し。
起きている時の1分、1秒がとても長く感じた。
しかし、6時を過ぎ日が立ち上がり始めると、もうすぐという気持ちに。
カーテンの隙間を除くと、徐々に都会になっていく街並み。
長い時間をかけて、やっと大阪に到着。

1nNjCSJSiS0vnpR1355618224_1355618247.jpg
記念にパシャリ。


とりあえず、あるところに向かう。
キタの歓楽街、兎我野と堂山だ。

__c3cJOV_AbymCf1355618282_1355618306.jpg
街はまだ眠っている。


lRkS2ZjWl37nmTn1355618406_1355618423.jpg
ようじょハァハァ
あれ?よう…じょ…?


兎我野にやってきた。
街はホテルと風俗店ばっか。
なんて汚らしい…いや、素晴らしい街なんだ!
朝なので店はほとんど営業してなかったが、客引きのババアに「お兄さん遊んでいかない?」と言われる。ォエ~( ̄┳ ̄|||)
当然無視。


堂山は兎我野に比べるとピンクタウン臭が薄い。
風俗街というよりゲイの街なので、風俗臭が薄いのも当然っちゃ当然だけど。
ある程度探索したので、次に難波へと向かう。

TPQYbHgE8ovCq8C1355618508_1355618527.jpg
ホテル街をプラプラ。
ホテル街を観光wしているだけなので、ホテルに入ってプレイをしたりはしない。
「昔あのホテル行ったなー」と感傷に浸る。
大体見て回ったので、休憩がてらにネカフェに行くことに。

ネカフェから出ると、街はもの凄い人混み。
難波→日本橋→新世界へと歩く。

secbkUPF6xJejlH1355618616_1355618631.jpg

新世界には、修学旅行中の女子高生がいた。
「俺の通天閣も見てくれないかなー^^」と思ったのはここだけの秘密。
気付いたら彼女らの写真が保存してあった。
個人的に楽しむ為に使用するのでここにはうpしない。

xUwShb4doToGIcB1355618685_1355618719.jpg
ロビンマスク。


せっかく新世界にやってきたので串カツでも食おうと思ったが、昼時でどこも激混み。
飯は諦めて、新今宮へと向かう。


新今宮。
日本で一番危険な街とでも言おうか。
この街は俗に言うドヤ街で、この街にやってきたのは本日の宿を確保するため。
労働者のための宿が至る所にある。
そんな中で俺が選んだのは、ホテル中央オアシス。

ArBSkGRj66Pxpsi1355618894_1355618909.jpg

154wALO0yPjeNJr1355618950_1355618961.jpg

何と、1泊3800円!(休日価格で500円増し)
うわーそんな高級ホテルに泊まれるだなんてjimmyさんリッチだなー;;


axwqwSf3yWkHg801355619383_1355619396.jpg
設備は普通のビジネスホテルと変わらない。

drObKcUsbmmqddW1355619416_1355619428.jpg
ウォッシュレット付きユニットバス。

DDbyiFwKOMRgKhT1355619443_1355619454.jpg
このベッド、異常にギシギシ鳴るので夜の営みに使ったら隣から壁ドンされまくりになるだろう。


シャワーを浴びたりして、くつろぐ。
時刻はもうすぐ2時を回る。
さて、そろそろ出かけることにするか…


16
Category: 2012大阪風俗旅行記   Tags: ---

大阪風俗旅行記その2

ホテルを出て、飛田新地へと向かう。
説明は不要だと思うが、一言で言うと料亭w
アーケードを歩く。

xOyKkjbPphtJm2c1355621083_1355621094.jpg

すれ違う人の9割は50代以上。
この街の年齢比率は相当高いなぁ。
ただ、一人だけ小学校低学年くらいの女の子を見た。
彼女はきっと逞しく育つだろう。
スーパー玉出の前で普通にホームレスのおっちゃんが寝てた。
カオスな街並み。


飛田に到着。
いやー懐かしいなー^^
まずは、妖怪通りや年金通りと呼ばれるストリートを歩く。
^^
^^
^^
^^
^^
^^
^^
^^
^^
^^
^^
^^
^^
^^
^^^^^^^^^^^^^^^^^

















俺が妖怪通りで一戦を交えるのはまだ早かったよう。
という訳で、青春通りとメイン通りにやってきた。
店の前を歩く。
うひょーーーーーーーーーーーー^^
先程とは比べ物にならないほどの美女が一軒ごとに座っている。
ナースのコスプレや上半身水着の美女が「こんにちは」なんて微笑みかけてくる。
一軒通る度に一目惚れしてしまった…
顔の筋肉がほぐれニヤニヤ状態になり、かなり怪しいやつになってた俺。
2,3周ほどして、脳内麻薬ドロドロ状態。
近くには麻薬の売人もいるが、そんなのは必要なし!
「さーて、目の保養になったし遊ぶか!」ってことで天王寺方面へと歩く。
「えっ、飛田で遊ばないの?」と思うかもしれないが、ここには観光wに来ただけ。
最初は信太山で遊ぶと決めてたので。


天王寺駅に着く。
日本一高いビルを建設中だったりと、再開発が物凄い。
信太山駅へは阪和線を使用。
ホームで待っていると、観光している中国人?に「スミマセン、コノデンシャ、オトリエキニイキマスカ?」と聞かれる。
「(俺も観光客だから駅なんて全然わかんないよ…)」と一瞬困惑するが、オトリ=鳳かな?と思い
「鳳駅ですか?」
「ハイ、ソウデス」
「鳳駅に行きますよ」
「アリガトーゴザイマス!」
何故わかったかというと、信太山駅に行くには鳳駅で各駅停車に乗り換える必要があるからだ。
エロの為の知識がこんな形で役に立つとは…
エロは世界を救う…昔の賢人の教えに感心した。


BcM_GhklXH8yl5i1355621151_1355621162.jpg
信太山駅に到着。

y5T1TaXQl15t1qD1355621246_1355621258.jpg

_JcqsJwt1q9avw11355621323_1355621335.jpg

天王寺方面へと線路沿いに歩いていく。
信太山新地は完全に隔離された空間なので、初めて訪れる方はきちんと調べないと通り過ごしてしまうだろう。

qcxhmAOaKGWHew81355621353_1355621374.jpg

入り口。


信太山の遊び方だが、店先に女の子は座ってなく、やり手ババアに好みを伝えて部屋に直接派遣してもらう形式。
デリヘルをイメージしてもらえればなんとなくわかると思う。
新地内を歩いていると、やり手ババアから声がかかる。
その中から「20歳の若い子おるで」という声に反応。
話を聞くことに。
俺「その20歳の子ってどんな見た目ですか?」
ババアA「う~ん、そうやな~…」
俺「ギャルって感じですか?それとも、清楚な感じ?」
ババアB「中ギャルって感じやな!」
俺「(中ってなんやねん…)スタイルはどんな感じですか?」
ババアA「めっちゃ細いで!」
俺「えっ、めっちゃ細い!?(鶏ガラ級か?)」
ババアB「細いって言ってもおっぱいはDあるし、めっちゃスタイルいいよ!」
俺「(ババアBを信じるか…)じゃあその子で!」
ババアA「おおきに!」
ババアB「じゃあ7500円お願いします。部屋に入ったらシャワー浴びとって」


部屋はフローリングにベッドが置いてあるだけの簡素な部屋。
シャワーを浴び、隣の部屋から聞こえてくる喘ぎ声に耳を済ませて戦いに備る。
ガチャ
155㌢くらいのショートカットのギャルが入ってきた。
例えると、木下優樹菜より少しギャル度が上って感じ。
ま、中ギャルじゃなくてフツーにギャルだ。
スタイルはババアBが言ってた通りで綺麗なラインしてた。


すぐに服を脱ぐ。
「ベッドに横になって」
仰向けで寝ると足の間に嬢が入ってくる。
フェラの開始。
5日ほどオナ禁していたので凄いきもちいい…
ソッコーで通天閣化。
1,2分フェラしたところで
「もう我慢できない…挿れていい?」
「いいよ」
ゴムつけて正常位でIN!
締まりは普通だった。
ギシギシギシギシ…
「あっあっ…」
ちょっと生意気そうなギャルが今や情けない姿して喘いでる。
「もっと情けない姿にしてやるよ」
バックでパンパンする。
アナルを弄ったら「こしょばいw」って言われた(´・ω・`)
尻を鷲づかみにしながら濃厚白濁ジュースを発射!!!


きもちいい一戦だった…
だが、これはこれから始まる多くの戦いの序章に過ぎなかった。



1
2
3
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
17
18
19
20
21
24
25
26
27
28
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。