地味リーマンの風俗狂い日記


In 10 2012

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


22
Category: オナニー   Tags: ---

オナニーの行き着く先

初めてオナニーしたのは中一の冬だった。
射精の快感を知ってからは、毎日のようにオナニーにふけっていた。
中高生の性欲とは恐ろしいもの、いくら射精してもゴ○ブリのごとく沸いて出てくるものだった(あれ?今も変わんなくね?)。


月日は流れ、大学に進学し、一人暮らしを始めるようになる。
ある日の夜のことだ。
一人暮らしの開放感からか、俺は深夜の町を徘徊していた。
そして、深夜だというのに町の一角にネオンを輝かせている店があった。
ビデオ屋。
ビデオ屋といってもTSUTAYAではない、アダルトな商品を取り扱っているビデオ屋だ。
カランカラン。
店内に入ると、独特な臭いがする。
まず目に飛び込んできたのは、ガンダムなどの普通のアニメのDVDだ。
だが、普通のDVDがあるのは入り口のほんの少しのスペースだけ。
ちょっと進むと、R18の暖簾が掲げてある。
その暖簾をかき分け奥に入る。
そこには夢の世界が広がっていた。
どこもかしこも綺麗な女性の裸が写ったDVDがずらりと並んである。
ハァハァ…
勃○しながら店内を見て回る。
暖簾の入り口の方は普通のAVが置いてあるだけだったが、奥に進むにつれ濃厚な世界となる。
熟女、スカトロ、ホモetc…
凄いところに来てしまったなぁと思っていると、映像作品ではないモノが置いてあるのを発見。
ローターやバイブといったいわゆるアダルトグッズだ。
この店は割りとそういうグッズが豊富で、コスプレの衣装なんかも売ってあった。
そのアダルトグッズ群の中に一際興味を引くものがあった。
オナホール。
そう、いきり立ったものに被せて使うシロモノだ。
中高生の頃は猿のようにオナニーしていた俺だが、オナニーの仕方も猿並みの方法で、ただひたすら手淫するだけだった。
これは新たな世界へと導くモノ。
興味はあったが、使うと行ってはいけない世界へと行ってしまうんではないかと罪悪感もあった。
だが、好奇心には勝てなかった。
つぼみちゃんを購入。
数あるオナホールの中でつぼみちゃんを購入したのは、処女膜を再現というキャッチコピーに引かれたからだ。
ワクワク気分で家に帰る。


家に着くと、早速つぼみちゃんを取り出す。
ちっちゃい。
つぼみちゃんのおまんこちっちゃくてかわいいよ^^
一刻も早く挿れたくて、ギンギンになった息子をつぼみちゃんの処女膜に当てる。
つぼみちゃん、俺が君の初めての相手になるからね。。。
グッ…
あれ?うまく入らない…
つぼみちゃん、緊張しなくても大丈夫だよ^^優しくしてあげるからね^^
グイッ、グイッ
クソッ!つぼみの中に挿れらんねぇ!こうなったら力づくだ!!!
ブチブチブチ!!!
やったね☆つぼみちゃんの処女奪っちゃったよ^^
やっぱり処女だからキツキツだね^^
ジュコジュコジュコ…
やべぇ…つぼみちゃんの中きつくて気持ちよすぎ…ハァハァ…つぼみちゃん、イッちゃうよ!つぼみちゃんの膣内に出すよ!!!
あああああああああ!!!!!!!


正確に書くと、つぼみちゃんは貫通式なので中田氏は出来ないんですけどね。
ともかく、こうしてオナホールデビューを飾った俺。
それからは多くのオナホールを試し、オナニー道を極めるべく数々のオナニーを試すことになる。
アナニー(ドライオーガズム)、催眠オナニー、チクニー…
これらを極めるのははっきし言って困難だ。
俺も全然体得できていない。
そんな三日坊主の俺が今興味を惹かれているのはセルフフェラ。
要するに、自分で自分のをフェラすることだ。
何で興味を持ったかと言うと、風俗嬢のフェラは気持ちいいが、やっぱり自分の気持ちよくなるポイントは自分が一番わかっている。
その気持ちいいポイントをフェラで十分に堪能したい。
そんな単純な理由だ。
セルフフェラもはっきし言って難しいと思う。
身体の柔らかさが必要だし、首や腰を痛めてしまう恐れがある。
だけど、人生は一度きり。
興味や夢を追求するのは悪いことではない。
やらないで後悔するよりやって後悔。
いや、後悔はしたくない。
セルフフェラを体得して最高のオナニーを楽しみたいと思う。


スペック↓↓
チン長(勃起時):16㌢
長座体前屈:頭が膝にくっつくくらい
口とちんちんの間の距離:残り10㌢


修行の成果を適宜報告していきます。



1
2
3
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
21
23
24
25
26
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。